めまいの原因を探ろう|病院での検査は早急に

耳

目がくらむのは病気の印

インテリア

様々な病気のシグナルです

めまいが頻繁に起きるとか、立っていられないくりひどいというような場合、あるいは吐き気や嘔吐を伴うような場合は、病院で診察を受けることをお勧めします。なぜかといいますと、めまいは様々な病気の症状であることが多いからです。まず脳の病気の可能性がありますし、中耳炎などでもめまいがすることがあります。その他に高血圧や低血圧、貧血などに加え、ちょっと意外に思われるかもしれませんが、肝不全や尿毒症、白血病などの症状としてめまいが起きることもあります。また頭部の負傷に伴って起きることもありますし、精神的なものや自律神経失調症などでも、自覚症状として出ることがあります。ですから病院に行く場合は、何が原因で起こっているのかを把握しておくことも大事です。

2タイプに大別されます

それではどのようにして原因を把握すればいいのでしょうか。まず周囲がぐるぐる回るようなタイプを真正めまいといい、耳の病気や脳卒中などがこれに該当します。ですから病院は脳神経科、あるいは耳鼻咽喉科となります。特に耳の病気の場合は耳鳴りや難聴、嘔吐を伴うこともあります。一方でふらつきが起こるタイプを仮性めまいといい、精神的なものや自律神経失調症が原因である場合、外部からの圧力で頭部にけがをした場合に加えて、貧血や肝不全、尿毒症や白血病などのめまいもこのタイプです。この時は、それぞれの診療科がある病院を選ぶようにしましょう。またこの2つのタイプが一緒に現れる病気としては、血圧や脳動脈の病気のような循環器系の病気、そして脳腫瘍などがあげられます。