めまいの原因を探ろう|病院での検査は早急に

医者

体の悩み

男女

めまいは、とても辛い症状です。めまいにも色々な症状があり、周囲がぐるぐる回る症状や自分自身がぐるぐる回る症状もあります。症状によって病気や原因が違ってきますのでどのようなめまいなのか記録にとっておくと参考になるでしょう。早めに病院へ行き、受診していただくとが大切なのです。

View Detail

立ちくらみの症状の時は

家族

適切な治療をしましょう

立ちくらみなどのようにめまいが発生する場合はすぐに休憩をするようにしましょう。この場合、長時間休んでもめまいが継続する場合は病院に行くことを推奨します。頭痛などの症状が伴う場合については、脳神経外科を受診すると良いでしょう。脳の精密検査を受けることによって何らかの原因がわかる場合があります。また、めまいと同時に難聴や耳鳴りが発生している場合については、耳の内部の疾患の可能性があります。この場合は耳鼻科を受診することを推奨します。耳鼻科では耳に関する様々な検査を行い、三半規管がめまいの症状を引き起こしていると判明した場合については、投薬治療や点滴などによって症状を改善します。このように症状によって行くべき病院は異なります。

早めの対策が大切です

めまいの症状が発生した場合は、早めに病院に行くことを推奨します。なぜなら、めまいには様々な病気の原因があるために放置してしまうと病気が悪化してしまう場合があるので注意が必要だからです。また、めまいの症状が発生して脳神経外科や耳鼻科などを受診しても身体に異常が見つからない場合については、自律神経失調症などのような心の病気の可能性があります。この場合に行くべき病院は心療内科となります。心療内科では医師やカウンセラーによる問診や血液検査などによって、めまいの原因を見つけます。特に自律神経失調症やうつ症状によるストレスなどによっても、めまいを引き起こしてしまうケースがあると考えられています。そのため早期に心療内科を受診して適切な治療をしましょう。

めまいが起きる原因は非常に多く存在しており、個人だけの感覚で分かるものではないのです。めまいは脳に酸素が足りなくなることで起きる酸欠によっても発生してしまいます。酸素は脳の活動には欠かせないものです。また、病院の検査によっては貧血の状態になっていることを指摘される場合があります。血液は酸素を全身に行き渡らせるものです。そのため貧血になると必然的に酸欠になってしまいやすく、めまいの発生へ繋がるのです。

目がくらむのは病気の印

インテリア

めまいは耳や脳の病気を始め、様々な病気のシグナルとなっています。周囲がぐるぐる回るような真性と、ふらつきが起こる仮性との2つのタイプがあり、また中にはこの両方が一度に現れる病気もあります。ですから病院に行く前には、まず自分のめまいのタイプを把握してから、それぞれに会った診療科を受診しましょう。

View Detail

目が回る疾患

医者

日常的にめまいを感じている人は国内に約300万人いると言われています。目が回るだけでなく、嘔吐や失神などの症状が現れることもあります。治療の多くは薬や理学療法などになりますが、改善しない場合には手術が行われることもあります。脳疾患が原因となっている可能性があるので、病院での検査は必須となります。

View Detail